K38JAPAN | 水上安全運航教育機関

水上安全運航教育機関

コース・トレーニングの方針

  • 世界における水上オートバイのレスキュー事情を把握する。
  • 法律に基づく安全運航教育の重要性を理解する。
  • 水上オートバイを遊びの道具(PWC)からレスキューの道具(RWC)
    として活用するための心得を習得する。
  • RWCの長所を最大限に活用し、短所を徹底的に補う操船法を習得する。
  • 装備品の重要性とリスクを理解する。

※PWC=Personal Watercraft
※RWC=Rescue Watercraft

受講可能な条件

・水上オートバイの操縦免許資格保持者であること
・18歳以上であること

※ステージ-1 Awareness Level(アウェアネスレベル)は上記の条件を満たさない場合でも受講可能です。

肉体的負担の伴うトレーニングです。参加者は、相当の身体能力と海水活動やサーフ等の知識に加え相応の泳力が求められます。
参加者には免責に関する誓約及び緊急時の連絡先を提出していただきます。

JPBOTとは?

JPBOTロゴマーク

JPBOT(Japan Professional Boat Operator Training Center : 日本小型水難救助艇操縦士養成所)は「公的に小型船舶を使用する水難救助艇操縦士の育成を通じて水上安全や安全運航に貢献し、水難・海難事故の防止を図る」ことを目的とした、(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会(一社)日本小型水難救助艇協会(公財)マリンスポーツ財団の3団体連携による協働運営組織です。

※K38JAPANにてこれまで実施されてきたオープンウォーターコースを初めとする講習コースは、今後はJPBOT 小型水難救助艇操縦士養成講習会RWC(水上オートバイ)コースとして運営されます。

JPBOについて >