K38JAPAN | 水上安全運航教育機関

水上安全運航教育機関

コース・トレーニングの方針

  • 世界における水上オートバイのレスキュー事情を把握する。
  • 法律に基づく安全運航教育の重要性を理解する。
  • 水上オートバイを遊びの道具(PWC)からレスキューの道具(RWC)
    として活用するための心得を習得する。
  • RWCの長所を最大限に活用し、短所を徹底的に補う操船法を習得する。
  • 装備品の重要性とリスクを理解する。

※PWC=Personal Watercraft
※RWC=Rescue Watercraft

受講可能な条件

・水上オートバイの操縦免許資格保持者であること
・18歳以上であること

※ステージ-1 Awareness Level(アウェアネスレベル)は上記の条件を満たさない場合でも受講可能です。

肉体的負担の伴うトレーニングです。参加者は、相当の身体能力と海水活動やサーフ等の知識に加え相応の泳力が求められます。
参加者には免責に関する誓約及び緊急時の連絡先を提出していただきます。

JPBOTとは?

JPBOTロゴマーク

JPBOT(Japan Professional Boat Operator Training Center : 日本小型水難救助艇操縦士養成所)は「公的に小型船舶を使用する水難救助艇操縦士の育成を通じて水上安全や安全運航に貢献し、水難・海難事故の防止を図る」ことを目的とした、(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会(一社)日本小型水難救助艇協会(公財)マリンスポーツ財団の3団体連携による協働運営組織です。

※K38JAPANにてこれまで実施されてきたオープンウォーターコースを初めとする講習コースは、今後はJPBOT 小型水難救助艇操縦士養成講習会RWC(水上オートバイ)コースとして運営されます。

COURSE & TRAINING

学科 実技 応用 修了
審査

ステージ-1/Awareness Level(0.5日)

船長としての心構えや小型水難救助艇操縦士に求められる知識や技術を学ぶコースです。(学科のみ)

   

ステージ-2/Basic Level(1.5日)

小型船舶救難救助艇操縦士に求められるRWCの取扱い及び操縦を学ぶコースです。
※STAGE1を事前に受講する必要があります。
※ステージ1&2の同時開催もあります。

 

ステージ-3/Introduction Level(1日)

Coming Soon…

 

ステージ-4/Introduction Level(1日)

Coming Soon…

 

ステージ-5/Operational Level(1日)

Coming Soon…

ステージ-6/Technician Level(1日)

Coming Soon…

ステージ-1 Awareness Level(アウェアネスレベル)

5,000円/半日

JPBOTに対する理解、船長としての心構えや小型水難救助艇操縦士として求められる技術や組織について学ぶことを目的としたコースです。(※学科講習のみ)
この修了資格は3年間有効です。

※水上オートバイの操縦免許資格をお持ちでなくても、ご参加いただけます。

ステージ-2 Basic Level(ベーシックレベル)

50,000円/1.5日

学科・実技で構成され小型水難救助艇操縦士に求められる小型船舶(水上オートバイ)の取扱い及び操縦について学び、習得するコースです。
この修了資格は3年間有効です。

※受講には事前にステージ-1を修了する必要があります。

ステージ1&2 同時開催

50,000円/2日

ステージ1と2の同時に受講できるコースです。
この修了資格は3年間有効です。

コース・トレーニングの主な様子

ステージ-2 Basic Level(ベーシックレベル)の様子の一部をご紹介します。

  • 1.学科講習(午前)
  • right
  • 2.発航前の点検(午後〜)
  • right
  • 3.装備品点検
  • 4.水上でレスキュー講習
  • right
  • 5.バランス
  • right
  • 6.素早い動作
  • 7.基本的な操船
  • right
  • 8.使用後の手入れ
  • right
  • 9.終了のミーティング

必要な装備品

ライフジャケット、ヘルメットは、貸し出しが可能です。申し込み時にお伝えください。

1.ヘルメット

・水はけが良いもの
・耳の保護ができるもの
・浮力があるもの
・明るく目立つ色

2.ライフジャケット

・浮力の大きいもの
 (法定備品として認められたもの)
・膨張式は避け、固型式
・明るく目立つ色
・複数のバックルできつく締められるもの
・適切なサイズ

3.ウェットスーツ
またはドライスーツ

・ケガ防止のため肌を露出しないことが基本
・コース内容や気候を考慮して選択

4.笛

・水辺で使用できるもの
(ライフジャケットに紐で取り付け)

5.グローブ

・アクセルワークに支障が無いよう
薄手で丈夫なもの
・要救助者が認識しやすいよう明るい色

6.マリンシューズ

・紐できつく結べるもの
・靴底が厚めのもの(岩場等)

主な会場