K38JAPAN | 水上安全運航教育機関

水上安全運航教育機関

FAQ

よくいただくご質問

受講前のご質問

  • Q.水上オートバイの乗船経験が少なく不安ですが、大丈夫でしょうか?
  • A.

    大丈夫です。
    K38の講習会は、受講者の操船に対する姿勢や自覚が重要となります。
    技術的な面は受講後のトレーニングが大切です。
    しかし、それでも不安な方は、オープンウォーターコースに入る前に、基礎コースにおいて、免許取得時に学んだことや基本操船を学ぶことができます。

  • Q.出張講習をお願いできますか?
  • A.

    出張講習は、可能です。
    講習会場と水上オートバイの確保と受講者数が5名以上いらっしゃればご相談に乗れます。

  • Q.女性でも参加できますか?
  • A.

    参加いただけます。
    過去に受講いただいた女性もいますので、ご安心ください。

  • Q.コース・トレーニングは普段どこで行われますか?
  • A.

    普段は、神奈川県平塚市、大阪府貝塚市、広島県廿日市市等で講習を実施しています。
    主な講習会場

  • Q.トレーニングの持ち物は?
  • A.

    受講申込時にお伝えしますが、参考にこちらをご覧ください。
    必要な装備品

  • Q.ライフジャケットとヘルメットは借りられますか?
  • A.

    お貸しすることも可能です。受講申込時にお伝えください。

  • Q.どんな靴を用意すればいいですか?
  • A.

    紐できつく結べることのできるマリンシューズや、靴底が厚いものをオススメします。
    マリンシューズをお持ちでない場合、濡れてもいいスニーカー等でも大丈夫です。

コース・トレーニング
に関するご質問

  • Q.雨が降っていても開催しますか?
  • A.

    通常の雨でしたら開催いたします。
    また安全対策を講じていますのでそれに沿って実施いたします。

  • Q.ステージ-1のみ受講したいのですが可能でしょうか?
  • A.

    申し訳ありませんが、ステージ-1のみの受講はできません。
    ステージ-1.2のみの受講は可能です。

  • Q.コース・トレーニングは見学できますか?
  • A.

    見学されたい方は、ご相談ください。

その他のご質問

  • Q.水上スポーツ等のレスキュー業務の依頼はできますか?
  • A.

    可能です。
    オペレーターの日当及び旅費、水上オートバイの運搬費、燃料費等の経費をご負担いただきます。

  • Q.K38名前の由来は何ですか?
  • A.

    古代文字からヒントを得た造語で、自然と人間の結びつきを象徴しています。